レーザー治療

レーザー歯科治療について

医療分野でのレーザーといえば、手術に使うレーザーメスがよく知られています。
レーザーには、切開の他に「鎮痛」「殺菌」「消毒」「止血」「消炎」など、多くの利点があることがわかっています。『レーザー歯科治療』はこの利点を応用した画期的な治療法です。

人体に対して安全であることは実証されていますが、加えて麻酔や鎮痛剤の使用を減らせるので、妊娠中の方やアレルギー体質の方にも安心して治療ができるというメリットもあるのです。

歯科用レーザー装置には数種類ありますが、当院では炭酸ガスレーザー(YOSHIDA OPELASER Lite)を使用しています。


歯科レーザーで行う主な治療

歯周病の治療

歯周病菌(プラーク)が蓄積されると歯肉の血行が悪くなり、歯を支えている骨が溶け、歯が抜けてしまいます。
歯磨きを一生懸命していても、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければなりませんでした。

しかし歯周病のレーザー治療では、炎症がおきている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼き、蒸発させます。
歯と歯ぐきの間にレーザーを照射する事で、歯周病菌を減らし、弱っている歯ぐきの血行を良くして、健康的で引き締まった歯ぐきに戻します


神経の治療

強い痛みがあったりして、歯の神経までダメになってしまうと「歯の神経」を抜かなければなりません。
レーザーを使うことで、根っこの中をきれいに殺菌し、炎症を早く鎮める事ができます。
根っこの先まで確実に掃除をする事ができるので、根の先端にできてしまった膿の袋もきれいに治すことができます。


虫歯の治療

レーザーを使えば、虫歯を取り除いた後、目に見えない細菌をレーザーで、より確実に殺菌することができます。
そして詰め物をする事で、虫歯再発防止に効果を発揮します。


口内炎の治療

口内炎の粘膜上皮を痂皮化させ、接触痛を早期に治すことができます。


知覚過敏の治療

虫歯ではありませんが、歯の根元が露出したり、えぐれてしみやすくなる状態を知覚過敏と言います。
通常はレジン樹脂をコーティングして処理しますが、境目が少し盛り上がってプラークがたまりやすく、歯肉炎を起こしやすい場合はレーザーで処理する事もできます。


色素沈着の除去

歯ぐきに黒ずんだ色素が沈着してしまう色素沈着。
歯肉等の表面にレーザーを数回にわたって照射すると、痛みも少なく麻酔なしに黒ずんだ色素を取り去ることができます。
歯ぐきの色がピンク色になると顔の雰囲気も明るくなります。


切開手術

レーザーでの切開は、痛みや出血が少なく、殺菌、消毒、消炎効果により術後の回復も早く、抗生物質や鎮痛剤の使用も抑えることができます。



他にもレーザー治療にできることは、まだまだあります。
より快適な歯科治療のためにレーザー治療についてどうぞお気軽におたずねください。

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

△10:00~13:30、15:00~17:30
休診日:木曜・日曜・祝日


【所在地】〒175-0082 東京都板橋区高島平1-27-10 2階(デニーズとなり)
【最寄駅】都営地下鉄 三田線/西台駅・蓮根駅より各徒歩5分
【駐車場】有り