歯周病

歯周病とは

私たちのお口の中は大きく、「歯」と「歯を支える周りの組織」とでなりたっています。
お口の中にはどなたにでも細菌が億単位で住んでいます。
そのなかの歯周病菌が食べカスを栄養として集まるとプラークとなり歯ぐきに炎症を起こします。

歯ぐきの周りにこびりつくプラークはまさに細菌の塊です。プラークは、1mg中に約10億個もの細菌がすみついていると言われています。
その細菌が歯や歯ぐきの周りから侵入し、むし歯や歯周病を引き起こすのです。

その後歯の周りの骨を溶かし、最終的には歯を支えられなくなり抜けてしまう病気です。



歯周病の進行について

歯周病の前段階として、まずは歯肉炎が起こります。
歯と歯ぐきの境目を磨けずに汚れが溜まると、プラークや歯石といった細菌の塊が作られ、その細菌が歯ぐきに炎症を引き起こすのです。




歯肉炎の段階で分かること


・歯ぐきが腫れる(赤くなる、丸みを帯びる)
・ブラッシング時に出血する
・口臭

などの症状が見られます。

さらに進行すると、歯と歯ぐきの境目の溝が深くなり歯周ポケットが作られます。
このポケットに数多くの細菌が入り込み、繁殖することで歯の周りの組織をどんどん破壊していくのです。
最終的に歯を支えている骨(歯槽骨)は溶かされ、歯の根の部分が露出して抜け落ちます。


歯周病の進行で分かること


・歯がうずくような感じがする
・歯ぐきがむずむず、ぶよぶよする
・鈍痛がする
・ブラッシング時に出血、膿が出る
・何もしなくても出血する
・歯ぐきが痩せてきた
・歯が長く見える
・歯ぐきが赤紫色をしている
・食べ物が歯の間にはさまりやすくなる
・硬い物が噛みにくくなる
・歯がぐらつく

などの症状が見られます。



歯周病にならないために

歯周病を防ぐには一番の原因であるプラークを取り除くことです。
それには正しい歯磨きが重要ですが、自分で正しく歯を磨くことはなかなか難しいものです。
当歯科医院では歯磨き指導もしておりますので、お気軽にご相談ください。



PMTC……Professional Mechanical Tooth Cleaning

PMTCとは、日常のブラッシングでは取れない細部にわたるプラークの除去
およびフッ素入りペーストによるむし歯&歯周病予防をプロが器材などを使いきれいにクリーニングすることです。


近年日本ではPMTCがひとつの治療のようになっていますが、以前からもクリーニングとしておこなっていました。

ふだん歯ブラシで念入りに磨いているつもりでも、歯と歯の間や歯と歯茎の境目、歯の細かい溝といった場所にこびりついた汚れはなかなか取りきれません。

知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や、歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分も、歯のプロである歯科衛生士が、高度なスキルで汚れを完全に落として綺麗にします。

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

△10:00~13:30、15:00~17:30
休診日:木曜・日曜・祝日


【所在地】〒175-0082 東京都板橋区高島平1-27-10 2階(デニーズとなり)
【最寄駅】都営地下鉄 三田線/西台駅・蓮根駅より各徒歩5分
【駐車場】有り